新臨床研修制度(スーパーローテート制度)とは、2年間のスーパーローテートと呼ばれる研修期間を卒業後に必修化させた制度のことです。2年間の研修を終えて初めて医師達は自分の生涯の仕事とする診療科を決めます。この制度はアメリカの研修制度をベースに作られらたものだそうです。
スーパーローテート研修制度で重要なことは大学病院でも行っていますが、多くは市中病院(大学病院以外の病院)で行われているということです。内容としては、一つの病院内で、内科や外科、救急科などの医師にとっての基本的な科を2~4か月ごとの短い期間で順番に研修していくというものです。
新臨床研修制度の実施により、医師1年目で医局に入ることが必須であったものが、3年目以後の南江目で入局するか自由になったのも大きな変化の一つかと思われます。別の医局にに入る時に医師年度の縛りがなくなったため、多少のキャリアを済ませた医師が
入局することが自然になったのも変化の一つです。
医局の体制も変わり、自分たちが楽しくて公平で教育熱心であるかをアピールし、研修医が成長できるように、研究や留学もしやすいように環境を整えて、研修終了の医師に入ってもらうために努力するようになってきているようです。
スーパーローテート制度の導入により、医師自身がより自由に医師の求人を考え、自分の立てたキャリアプランを実現しやすい時代になってきたようです。これはとても喜ばしい変化だったのではないでしょうか。医局からの斡旋という狭い選択肢ではなく、幅広く自由に自身が働きたい場を選べチャレンジできるということは非常に素晴らしいことだと思います。