なぜ医師求人を求める際に、在宅医療を目指す医師が増えないのか。想像でしかないのですが、医師になるまでの過程で在宅医療を経験する機会がなかったからなのではないかと思います。しかも、自己犠牲の上に成り立つ医療というイメージも先行しているように思います。
しかしながら、実際はそういう現場ばかりでは無いようです。医師、看護師、事務、ドライバーでチームを組み、患者宅や施設を訪問していくようですが、スケジュールをしっかりと組んであり、1つの場所の枠内で移動時間と診療時間をこなしていっているということです。1つの枠の時間も患者宅てゆっくり話が聞け、家族の介護の負担状況の把握まで十分にできる時間設定で動けるようです。また、オンコール体制にしても当番制にして休暇はしっかり取れるようにしているようです。
もちろん様々な工夫の上に成り立っているシステムかもしれませんが、在宅医の全てがキツイと最初から遠ざけてしまうのは早計かもしれないと感じました。どんな仕事にも理想と現実とのギャップがあるように在宅医療についても一度働き方をみるだけでも視野が広がっていいのではないでしょうか。