医師求人に応募するにあたって大切なことの1つは、早めの面接日程の調整です。募集をしている医療機関としては、より入職の見込みが高そうな医師から優先して予定を組むのは自然なことかと思います。意気込みをアピールする上でも、早めの日程を組めるように働きかける事が大事だと思います。
差をつけるということを念頭に考えた時、履歴書の写真や面接日程の調整はどの職種においても当然大事になってくることですが、ライバルがいる場合は特に給与交渉も印象が左右されるので、過度な交渉は控えるか交渉経験のある転職エージェントに依頼をしている場合はエージェントに任せた方がいいと思われます。
最終的に選考過程で重要視されるのは、経験、人柄、スキルというのが基本ではありますが、ライバルがいようといなかろうと、本当に募集医療機関で働きたいと思っている事がし採用担当者に伝わったかどうかです。結局のところ、面接は対面でのコミュニケーションであるので、心証が悪くなるようなことは避けるのがベターであり、求職活動の大原則なのではないかと思います。