医師の求人サイトを探しているとなかなかそれぞれの病院がどんな取り組みをしているか、もしくはどんな人が勤務しているのか、わからないと思う。今回は私がしている息抜きの仕方を教える。

時間を管理することの重要性を普段から語っている私だが、やりすぎは無論良くない。逆に心身に害を及ぼしてしまう可能性だってある。やることに優先順位をつけ、それに従ってきっちりかっちり計画立て行動してばかりでは窮屈になってしまうだろう。

私の場合、「基本的に」週3回のランニングを計画行動に入れている。起床時の体調や気分が優れないときはさぼってしまいたくもなる。食生活も極力糖分を控えているが、無性にコンビニのスイーツが食べたくなったりする。そういった場合に、常に自分を戒めてばかりでは自分の人生そのものが規制されているような気がしてしまう。それでは人生を楽しめなくなってしまう。しかし毎回毎回許してしまうのはよろしくない。何事も「適当」が大切である。

そこで、仮に大好きなアイスクリームを控えるようにしているとしよう。月に1回はご褒美として食べても良いことにするもの良いだろう。時間管理の面でいえば、朝6時に起きるよう決めていても、たまには友人と飲みに出て夜更かしして次の日の起床時間をゆっくりにするとか、計画実行に少し柔軟さを持たせることも大切である。

実は私自身、割と自分に対して甘い人間である。時間管理に取り組み始めた当初はフリータイムやフリーディを設けて置いて、その次の日は切り替えて頑張るようにしていた。適宜ご褒美をあげることで、気持ちもリフレッシュされ、改めて実行に移すとパワーが湧くような気もした。何事もはじめから完璧に実行するのは難しいものだ。完璧を求めすぎてしまうのも問題なのだ。できなかったときにタガが外れてしまうなんてこともあり得る。まずは70~80%に達すればOKくらいの気持ちで取り組んでいくのもいいだろう。ストレスはなるべく溜めず、徐々に鳴らしていくことが大切である。