上部消化管顕微鏡検査というのは、電子顕微鏡を挿入して食堂・胃・十二指腸の内腔を観察することだそうです。胃・十二指腸ファイバースコープともいうそうです。

色調や粘膜模様の違いを見て病変の存在や質的・量的診断をすることができるそうです。組織を採取したり、必要があればその場で内視鏡的な手術ということもあるそうです。検査を受ける際には、常用薬はすべて申告しなければならないそうです。脳梗塞や心臓病の人が飲んでいる血がさらさらになる薬を飲んでいると、生検や内視鏡手術が制限されたりするそうです。病状によっては薬を一時的にやめるということも指示されるそうです。

事前に確認しなければならないそうです。検査では胃を空にしておく必要があるそうです。検査前日の夜9時から検査終了まで絶食となるそうです。水や茶は2時間前まで可能だそうです。検査の際には消化管の動きを抑える鎮痙薬の注射があるそうです。心臓病、緑内障などのひとは使えない場合があるそうです。喉のスプレーやゼリー状の麻酔薬で麻酔をするそうです。リドカインという薬だそうですが、これにアレルギーがある人もまれにいるそうです。

今まで薬アレルギーがでたことがある人は申告をしなければならないそうです。内視鏡はマウスピースを介して挿入するそうです。喉を越えるところがとてもつらいそうです。これをなんとか我慢すると耐えられるようなものだそうです。太い棒が背中にずっしりと入っているような感覚になるそうです。口がふさがっているので鼻でゆっくりと腹式呼吸を心がけるようにするそうです。空気をたくさんいれての観察となるそうで、ゲップは我慢しなければならないそうです。検査時間は5分程度だそうです。