作者別: admin

上部消化管内顕微鏡検査について

上部消化管顕微鏡検査というのは、電子顕微鏡を挿入して食堂・胃・十二指腸の内腔を観察することだそうです。胃・十二指腸ファイバースコープともいうそうです。

色調や粘膜模様の違いを見て病変の存在や質的・量的診断をすることができるそうです。組織を採取したり、必要があればその場で内視鏡的な手術ということもあるそうです。検査を受ける際には、常用薬はすべて申告しなければならないそうです。脳梗塞や心臓病の人が飲んでいる血がさらさらになる薬を飲んでいると、生検や内視鏡手術が制限されたりするそうです。病状によっては薬を一時的にやめるということも指示されるそうです。

事前に確認しなければならないそうです。検査では胃を空にしておく必要があるそうです。検査前日の夜9時から検査終了まで絶食となるそうです。水や茶は2時間前まで可能だそうです。検査の際には消化管の動きを抑える鎮痙薬の注射があるそうです。心臓病、緑内障などのひとは使えない場合があるそうです。喉のスプレーやゼリー状の麻酔薬で麻酔をするそうです。リドカインという薬だそうですが、これにアレルギーがある人もまれにいるそうです。

今まで薬アレルギーがでたことがある人は申告をしなければならないそうです。内視鏡はマウスピースを介して挿入するそうです。喉を越えるところがとてもつらいそうです。これをなんとか我慢すると耐えられるようなものだそうです。太い棒が背中にずっしりと入っているような感覚になるそうです。口がふさがっているので鼻でゆっくりと腹式呼吸を心がけるようにするそうです。空気をたくさんいれての観察となるそうで、ゲップは我慢しなければならないそうです。検査時間は5分程度だそうです。

フリータイムを設けよう

医師の求人サイトを探しているとなかなかそれぞれの病院がどんな取り組みをしているか、もしくはどんな人が勤務しているのか、わからないと思う。今回は私がしている息抜きの仕方を教える。

時間を管理することの重要性を普段から語っている私だが、やりすぎは無論良くない。逆に心身に害を及ぼしてしまう可能性だってある。やることに優先順位をつけ、それに従ってきっちりかっちり計画立て行動してばかりでは窮屈になってしまうだろう。

私の場合、「基本的に」週3回のランニングを計画行動に入れている。起床時の体調や気分が優れないときはさぼってしまいたくもなる。食生活も極力糖分を控えているが、無性にコンビニのスイーツが食べたくなったりする。そういった場合に、常に自分を戒めてばかりでは自分の人生そのものが規制されているような気がしてしまう。それでは人生を楽しめなくなってしまう。しかし毎回毎回許してしまうのはよろしくない。何事も「適当」が大切である。

そこで、仮に大好きなアイスクリームを控えるようにしているとしよう。月に1回はご褒美として食べても良いことにするもの良いだろう。時間管理の面でいえば、朝6時に起きるよう決めていても、たまには友人と飲みに出て夜更かしして次の日の起床時間をゆっくりにするとか、計画実行に少し柔軟さを持たせることも大切である。

実は私自身、割と自分に対して甘い人間である。時間管理に取り組み始めた当初はフリータイムやフリーディを設けて置いて、その次の日は切り替えて頑張るようにしていた。適宜ご褒美をあげることで、気持ちもリフレッシュされ、改めて実行に移すとパワーが湧くような気もした。何事もはじめから完璧に実行するのは難しいものだ。完璧を求めすぎてしまうのも問題なのだ。できなかったときにタガが外れてしまうなんてこともあり得る。まずは70~80%に達すればOKくらいの気持ちで取り組んでいくのもいいだろう。ストレスはなるべく溜めず、徐々に鳴らしていくことが大切である。

業務を定期的にブラッシュアップしよう

医師の求人サイトから応募し、晴れて病院勤務が決まった人にはぜひ読んでほしい。

私の運営する法人は耳鼻口腔科が4院と小児科が2院の合計6院で展開している。科目柄、花粉症や感染症が蔓延する繁忙期とそれが収まるころに閑散とする時期が存在する。その閑散期を上手く利用して様々な業務・取り組みの棚卸を行うようにしている。そしてその業務・取り組みが本当に今必要なことが吟味し、継続すべきか否かを決めるようスタッフ全員にお願いするようにしている。

医療業界におけるトップばかりの意見がはびこってしまう現状を改善する為、どうすれば患者さんにもっと喜んでもらえるかをスタッフが積極的に考え・発案するようにしている。そして私もそれを柔軟に受け入れるように心がけている。発案当初は上手くいくだろうと踏んでいたことが実際やってみるときちんと稼働しなかったり、期待した通りに行かなかったりといった失敗も勿論今までに何度もあった。こういった取り組みの棚卸・継続要否・改善をスタッフと私とみんなで話し合っていくのだ。断捨離して浮いた時間で、またもっと価値がある業務に費やしたり、新たな取り組みに挑戦したりすることができる。

実際にやってみて廃止になってしまった取り組みを一つ紹介するので、参考にしてみてほしい。小児科でトライしてみた事なのだが、痛みや苦みに耐え治療を頑張ってくれたお子さんに「がんばったねカード」をプレゼントすることで、治療の励みになるだろうと踏んだ取り組みだった。しかし、小さなお子さんにはカードの意味を上手く理解してもらえず、あまり喜んでもらえなかったのだ。それを見かねてドクターたちも徐々にカードを渡さなくなてしまった為、廃止となった。スタッフから発案してくれたもので、失敗に終わってしまったものの、どうしたらお子さんが治療の傍ら少しでも喜んでくれるか考えて取り組めたことそのものはとても素晴らしい取り組みだったと思う。

このように、私の法人ではスタッフ一人ひとりが患者さんの為にどうしたら良いか積極的に考え取り組める環境を作っている。今では、違うと思えば違うと言え、どうすれば改善されるか等スタッフ自ら発信する風土・文化が育ってきているように感じられる。

ケースワーカー

 ケースワーカーとは、医療サービスを直接提供する医師などとは異なる役割を持っています。患者自身や、あるいは家族からの相談や悩みを聞き、患者や家族が抱えている問題を適切に把握し、利用できるサービスなどを適切に配分することが業務内容です。この際、利用するサービスに病院内外は問わないため、ケースワーカーにはあらゆる制度の深い知識が必要です。
 病院に勤めるケースワーカーの主な仕事は入退院時の相談業務と、未収金の返済相談に乗ることです。ここ数年の医療政策によって在院日数が短縮化したことにより、転院の相談なども増えてきました。病室が満床の場合は近隣の別病院に連絡を取って空き状況を確認することもあります。
 救急車で来院した患者などが、退院を控えて医療費の相談に来ることもあります。保険に加入していない患者に対しては国民健康保険の制度について詳しく説明し、場合によっては生活保護の申請の手伝いをすることもあります。
 相談業務が終わると、病棟内のケアカンファレンスなどへも参加します。現在入院中である患者の今後について医師や看護師と相談して方針を決めていきます。
 ケースワーカーは、患者が頼ることができる病院の窓口の一つです。病院に所属するものの、ケースワーカーは患者の利益を最大限に考えて常に行動しなければなりません。そのため病院と患者の板挟みになることも多く、患者の悩みを解決へ導くために周辺の病院についてや医療制度、保険制度、福祉などについての様々な情報を常に持っていなけらばなりません。情報収集能力やコミュニケーション能力、問題解決のための行動力など高い能力が求められています。

管理栄養士の業務

管理栄養士とは、病院で働く国家資格をもった職種のひとつです。栄養士の国家資格を取得してから数年の現場経験を積み、その後試験に合格した者だけが取得することができる資格のため、資格取得には長い道のりがあります。
 病院内にある栄養科は、病院食を作ることやその献立の検討、患者への栄養指導を行う部署であると位置付けられています。一昔前までは病院食と言えば「まずい」というイメージを持つ人が多くいましたが、現在は選択メニューのある病院も増え、味やバランスも改善されつつあります。食事は患者のQOLに密接に関与するため、病院によっては特に病院食に力を入れているところもあります。
 管理栄養士の業務は主に一か月間のメニューの作成と、患者に対する栄養指導です。定期的な医療監視では厨房への立ち入り検査もあるため、その際には管理栄養士が立ち会います。
 栄養指導は糖尿病など生活習慣病を持つ患者に対して、食事に対する考え方から個々人に合わせた栄養の取り方、病態に適した食事の内容、その作り方などを指導します。患者の中には栄養への理解や興味が薄い人も多く、そういった患者に対してはまず栄養の意味やカロリーについての基本的な事項から説明し、理解を促します。
 しかし栄養科は最近の医療費削減の煽りを最も受けている部署の一つでもあるため、多くの病院では厨房は直営から委託へと変わりつつあります。委託へと変わっていくことで管理栄養士も臨床の場に出ることが多くなり、現在進行形で大きな変化が訪れている部署の一つとも言えます。

医師の求人の現状②

医師求人に応募するにあたって大切なことの1つは、早めの面接日程の調整です。募集をしている医療機関としては、より入職の見込みが高そうな医師から優先して予定を組むのは自然なことかと思います。意気込みをアピールする上でも、早めの日程を組めるように働きかける事が大事だと思います。
差をつけるということを念頭に考えた時、履歴書の写真や面接日程の調整はどの職種においても当然大事になってくることですが、ライバルがいる場合は特に給与交渉も印象が左右されるので、過度な交渉は控えるか交渉経験のある転職エージェントに依頼をしている場合はエージェントに任せた方がいいと思われます。
最終的に選考過程で重要視されるのは、経験、人柄、スキルというのが基本ではありますが、ライバルがいようといなかろうと、本当に募集医療機関で働きたいと思っている事がし採用担当者に伝わったかどうかです。結局のところ、面接は対面でのコミュニケーションであるので、心証が悪くなるようなことは避けるのがベターであり、求職活動の大原則なのではないかと思います。

医師の求人の現状①

都心部に限られたことかもしれませんが、 医師の求人は 10年ほどまえにはどの医療機関も医師不足でひっ迫していましたが、現在では医師不足も脱してきているようです。
最近では医師の求人情報をみている時に興味がある求人があり問い合わせた時に、この求人は大変人気で、すでに候補者が複数名いるが、それでも応募するかどうかを聞かれる事があるようです。
そして、都内の好条件の求人が出ると、かなりの確率でライバルが存在するケースも準じて増えているようです。せっかくなら、希望の求人が出たら、その案件に就きたいと思うのが人の常かと思います。ライバル医師との競争に負けないために出来る事は最大限しておきたいものです。
医師の求職活動の際、意外と感じたのですが、履歴書に写真を貼付していない事が多いようなのです。一般職では当然の事だと思っていたので驚きましたが、雇用先に文字通りに顔を売ることは大事なのでちゃんと写真を貼付した履歴書を用意した方がいいとおもいました。

自分を振り返る

自分のキャリアパスを描くといってもいざ描こうとするとどうしたらいいか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?
例えば、漠然と「どうせ小児科の医師を一生の仕事にするのならば、患者さんや親御さんからも、他の医師からも頼られる存在になりたい」と考えてたりしているかと思います。漠然と「大きな仕事をする、一流と呼ばれる医師になりたい」とも考えていたりもすると思います。それは多くの医師を志す人や医師になって数年の若い人たちの共通の気持ちと言えるのではないかと思います。
でも、自分自身を振り返ってみて、どこか有数の大学を卒業したわけでもなく、強力なコネがあるわけでもなく、親が医師でも有力者でもない、何も特別なものが自分には無いと感じている人がほとんどなのではないかと思います。自分はたかのぞみをしてはいけないという思いにかられる瞬間もしばしばあったりしもするでしょう。
しかしながら人には進化の過程で特化して得てきた「考える」力が共通して備わっていると思います。キャリアパスについて、イメージが湧かないと悩んでいる人も早くから考察に着手すれば、自分のこと、自分の置かれた環境、他の優れた医師の先輩たちを見て分析することができるでしょう。
人には様々なタイプが存在するかと思いますが、代表的なのは思いついたらすぐに行動に移してドンドン行くタイプ、よく考えてしばらく温めてから行動するというタイプの2パターンかと思います。まずは自分がどちらのタイプなのかを知った上で、キャリアデザインに着手していくと迷いを最小限に抑えて歩みを進めれば良いだけの状態になるかと思います。迷いが生じるのは当たり前と割り切って、まずは
医師の求人を考える上で自分を客観視してみましょう。